忍者ブログ

Cosmosという宇宙観

9月になりましたね。最近は肌寒いくらいに感じるようになり、秋の訪れについて考えました。
秋を代表する花にコスモス(秋桜とも書かれる)がありますね。ピンクや赤、黄色、白など様々な色があり、8枚の羽状の花弁をつける、この花は栽培されて公園や畑を作っています。なぜコスモスというのか、語源を調べたところ、ギリシア語のKosmos“秩序”“調和”にあるようです。ギリシア語Kosmosは、英語Cosmosという、星が整然と並ぶ様子、や天体の持つ秩序だった法則を内に含む、宇宙観を示す言葉を生みました。Cosmosが示す宇宙観は宗教や民族が違えば違いますが、「混沌とした空間から秩序だった世界が生まれたとする点、世界の構造を決める<聖なるもの>としての中心がある」という点で共通しているようです。そんな壮大な意味を持つCosmosは哲学や宗教にも関わる言葉に思えます。
 茶道の世界にも漆器から宇宙が見えるなんて言ったりしますが、メキシコ原産の花コスモスにも、宇宙を感じることができるのでしょうか。8枚の花弁が整然に並ぶ様子を、星の瞬く様子に見立てるのでしょうか。


 コスモスの花言葉に「美しい」というのがあります。それはCosmosが、秩序や調和という意味から派生して、「秩序や調和をもつもの」=「美しい」「装飾」「美麗」、を含む言葉になったからでしょう。化粧品や美容を指すコスメティック(Cosmetic)もここから派生しているようです。
「秩序」「調和」「美」が横ならびになるのが私達の持つCosmos宇宙観、ひいては哲学なのでしょうか。
 近代都市の建設というと「秩序」という言葉が浮かびます。今の田園調布ができたのは大正時代に欧米を真似て、田園都市を作ったからです。駅から同心円状のエトワール型の道路、街路樹や庭園や広場のある街は都会のなかに自然を調和させた秩序ある空間といえるでしょう。パリでは凱旋門を中央に放射状に伸びる道路、一定の高さ、幅、色を設定して建物がつくられ、整然とした近代都市が皇帝ナポレオン3世の時代にできあがったようです。それはとても美しく、パリの街並みは今も変わらず、それだけで芸術作品といえます。近代都市に秩序を見出すとしたら、いまだ工業的には発展していない国や農村地帯は混沌(カオス)の中にあるのでしょうか。「景観」という視点が近代のものだとしたら、発展途上国の農村部は汚く、暗い、見るべきもののない場所となりそうです。
 先日、モンゴルのウランバートル郊外に行ったのですが、バスの窓から緑の丘陵地が延々と続く中、ポツリポツリと民家やゲル(移動式住居)が見えました。パイプがむき出しの発電所や舗装道路があるわけでもなく、水たまりもあちらこちらに見える景色は、日本の昭和時代といった感じでしょうか。日が沈み、薄暗い窓の外になんとなく懐かしさを憶えたのです。市内から離れ、寂れた空気の中にある手付かずの自然と、そこに人が住めるよう開拓している部分が異和感をもって混在している様子が美しいと感じました。整備された道路もなければ、まとまった集落もない、広大な土地の上にまばらに点在する住居や建物には秩序はありませんが、それでも何か未完成の絵に見るような美しさを感じたのです。満天の星が近くに感じる広大な大地に住む人々のCosomosとは何なのか知りたくなりました。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

このblogについて

文学市場は1994年設立のジャンル不問文芸同人サークルです。毎年3回、同人誌「さくさく」を発行しています。
ブログ「さくさく」では、文学市場の同人が、例会の様子や文学について、などゆる〜い感じで紹介します♪
 
文学市場のサイトはこちら

管理人

ペンネーム:
菊枝てんね

東京在住です。

文学市場に入会してまだまだ日が浅いですが、先輩後輩の概念がない誰もが平等なサークルなので、出しゃばりつつ口滑らせつつ明るく楽しく活動しています!

文学市場の良さが伝わるような記事を心がけて更新していきます。

 
 
ペンネーム:
史間あかし

京都在住の同人です。合評会にはたまにしか参加できないため、主に雑記に現れます。「さくさく」では今のところ歴史・時代小説を書いていますが、青春物やファンタジー、童話なども書きます。

趣味はエレキギターと剣道とカメラ。文学と町歩きを絡めながら、のんびり雑記をめざします♪

 
 
ペンネーム:
大山日文

産みの子である作品が評価される合評会。毎回おののきつつ参加、というのは丸っきりの冗談で、褒められること批判されることありの大勉強会に感謝感謝です。小説を中心に、詩や戯曲を物する、自称「書生」?の若手?も更新します!

 
 
ペンネーム:
若夏

東京在住です。

月一の合評会では先輩方の才気に富む意見に刺激を受けながら、まだまだ執筆経験は浅いですが、もの書きを目指しています。

「さくさく」には短いエッセイを載せています。

踊りによる自己表現にも興味があり、将来、文章と踊りを融合させた作品を作れたらと小さな夢を抱いています。

最新コメント

[09/12 ジョニー]
[08/14 ジョニー]
[06/29 ニッシー様]
[06/28 ニッシー]
[04/09 坂本です]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バーコード

ブログ内検索

P R